トップ運命診察とは料金案内ご依頼受付無料診察室利用者の声ブログ主宰者紹介問い合わせ
占い「四柱推命」で知る相性や宿命~運命診察萬屋~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 【--/--/-- --:--】
↑ ページトップ  
おはようございます!
昨日、一般の母親・子供と女性芸能人が、
『 教育に対する不満や疑問を現役教師や教育評論家らにぶつける 』
といった番組を見ました。

いじめについて現実にあった出来事を色々と見たり聞いたりしていると、
学校や自分の地位や名声を気にしての学校側の他人事のような対応や、
いじめが起こっていることをもみ消そうとする姿勢、
そういったことがどれだけ頻繁に行われているかということを
目の当たりにさせられ怒りを覚えました。


余りの腹立たしさに、

心から守ってあげようと思えなかったり、
私利私欲しか頭にないのなら、
いっそのこと 『 人の振り見て 我が振り直せ 』 でも何でもいい。

今、これだけいじめが問題になっていて、
その上、他人事のように扱っていたり、
いじめが起こっていることを隠蔽していたことによって
自殺者を出してしまいTVで謝罪をしている校長がいる中、
いつか自分もあんな風になるかも知れないと思わないのか?

私利私欲で地位や名声を保つにしても、
いじめが起こっていることを受け入れ、
それにしっかり対処して苦しんでいる子供達を守ることで
地位や名声を保つ方が自分の為であると考えられないのか?

とすら思えました。


そういう人達は、
弱い子供達より自分達のことを優先に考える浅はかな知恵はあるのに、
どうせなら良いように評価された方がいいといった悪知恵すら
働かないようですね。(苦笑;)


子供達の精神年齢は高くなりいじめの手口も高度になっているのに、
大人の精神年齢は低くなっているように思え、
目先の腫れ物を隠すことしか思いつかない利己主義な大人のせいで
苦しんでいる子供達が犠牲になっているように感じました。


それにしても。。

藤田の子供の頃にも今のようないじめはありましたし、
いじめる側、いじめられる側、どちらにもなりました。

一言、誰かが誰かの悪口を口に出すことによってみんなが同調し、
コロコロと簡単にいじめの標的が変わり、
昨日いじめてる側にいたのに
今日学校に行ったらいじめられる側になってた、
といったところなんか昔と変わっていません。


親は子供を守りたいから困ったことがあったら何でも話して欲しい。
でも子供はちくったと言われ、いじめがひどくなるのが怖くて話せない。


そんな藤田も今は子供もいるので、
親、子供、どちらの気持ちもわかります。

この悪循環には、ほんと胸が痛みますね。。(涙;)
スポンサーサイト
弟子日記 | コメント(0) | トラックバック(0)【2007/03/31 06:55】
↑ ページトップ  
はじめまして♪
只今、萬屋先生の元で修行中の弟子、
藤田と申します。

多忙な萬屋先生はブログの更新も侭ならないということで、
不束ながらブログの更新に参加させていただくことになり、
ドキドキです。(笑)

大したことは書けないかも知れませんが、
藤田の日記が色々な悩みを抱えてご訪問くださる方々の
息抜きにでもなるといいなって思っております!

どうぞよろしくお願い致します。m(_"_)m


そう言えば。。

今朝TVを見てると、
川にお札が流れていた言っていてびっくりしました。

300万近くのお札ですよ~。
あり得ないです。。

「もったいない。。」
思わずそう思ったのは藤田だけではないはずです。(笑)


お金を川に捨てるなんて思考は藤田にはなく
「なんで??」って感じで、
思わずそれについてマジマジと考えてしまいました。(苦笑;)


色んなパターンを想像してみましたがどれもいまいちで、
結局シンプルに、

純粋に有り余ってるからって理由なら、
寄付でも何でもして世の中の役に立てることができるはず。

捨てるってことは、
色々理由があるにせよ疚しいお金で泣く泣く捨てたんだろうなぁ。。

ってことで納得しておきました。


散々考えてこれ?って感じです。。

結局ここまでしか考えきれないってことは、
やっぱりお金を捨てるなんて思考がなかったり、
この先、間違っても捨てるほどの有り余るお金を
手にすることがあるとは考えられないし、
そういったことには良くも悪くも縁遠いってことなんですよね。(苦笑;)


それにしても、
その疚しいからって捨てられた300万近くの万札を、
まだ冷たい川の中に首まで浸かって拾い集める警察の方々は
いい迷惑ですよね~。

仕事だとは言え、見てて可哀想になりました。(涙;)


で。。

「手に入れても結局捨てるのなら、
初めから疚しいお金なんか作らなかったらいいのに。
意味ないなぁ。。」

ということに考えが行き着いた藤田でした。(笑)
弟子日記 | コメント(3) | トラックバック(0)【2007/03/29 18:29】
↑ ページトップ  
mark

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。